働きやすい環境作り

プログラマの世界にも、どんどん女性が増えてきています。女性が活躍する場が増えるというのは、本当に素敵なことです。女性がどんどん社会進出することが出来れば、プログラマの辛い仕事環境なども改善することが出来るかもしれません。

では、女性プログラマが働きやすい環境とは、どういった環境でしょうか。まず、どんな職種でも言えることですが、女性の場合には結婚や出産などがあるため、これらを考慮した環境作りをしていく必要があります。既婚者であれば、やはり転勤などは難しいでしょうし、深夜残業、夜中の呼び出しの対応というのは難しくなるでしょう。そして、もっと大変となるのが出産後。出産後にも働きたいと思っている女性は多いですが、実際には働ける環境がないのが現実。
どういった環境が必要かというと、具体的には下に挙げている項目が重視されるのではないでしょうか。

・育児休暇
お子さんが生まれてから、1歳程度になるまでは休業という形で仕事を休むことが出来れば女性にとっては心強いでしょう。

・育児短時間勤務
小さなお子さんがいる方は、「学校から帰ってくるまでに、帰宅したい」という方も多くいます。そのため、お子さんが小学校を卒業するまでは、短時間勤務が可能な環境が整っていれば、仕事と育児も両立させやすいでしょう。

・ベビーシッター補助
仕事をしていると、「時間通りに帰れない」ということもあります。そのため、小さなお子さんがいる場合には仕事を諦める方が多くなります。しかし、会社でベビーシッター補助などがあれば、安心して仕事をすることが出来るでしょう。

このように、女性プログラマが働きやすい環境を作るためには、家事や育児と両立出来る環境を作ることが必要。どちらかを諦めるのではなく、どちらもこなすためには企業側の理解が必要となるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です